クレハ、いわき事業所に実験棟建設

2017年11月6日

 化学メーカーのクレハ(東京都中央区)はこのほど、福島県いわき市のいわき事業所に建設を進めていた実験棟(第一期)を竣工したと発表した。

 今回、生産・研究開発拠点であるいわき事業所エリア内に、新製品開発や既存製品の改良などに関わる生産技術の開発を迅速に進める為、実験棟の建設を決定した。

 工事は、第一期、第二期工事に分かれており第一期工事は、機能樹脂製品や有機合成化学品の製造実証試験・試作品製造のためのパイロット設備を導入する。

 第二期工事は、同目的の小規模実証試験設備を導入し、2018年度の竣工を予定。建設費用は第一期、第二期工事あわせ約12億円を予定している。

■ 施設概要

所在地:福島県いわき市錦町落合16(いわき事業所エリア内、2015年春竣工の「中央研究棟」の西側)
投資額:約12億円(第一期、第二期工事)
延床面積:459㎡
構造:鉄骨造 地上高さ14m
主な機能:機能樹脂製品や有機合成化学品などの量産プロセスの開発、改良および 試作品製造等
竣工:2017年10月30日(第一期)
  :2018年度(第二期)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ