東京エレクトロン、本社工場内に開発棟建設/エッチング製造装置の市場拡大

2017年11月13日

 東京エレクトロンは9日、子会社の東京エレクトロン宮城(宮城県黒川郡)が、本社工場敷地内に建設する新開発棟の起工式を行ったと発表した。

 延床面積は11,700㎡の鉄骨造1階建て。2018年9月の竣工を予定している。

 東京エレクトロン宮城が開発・製造しているエッチング製造装置の市場は、技術革新が続き、成長が見込まれている。

 新棟の建設により技術開発力を強化し、顧客ニーズに応える製品を迅速に提供することで、中長期における持続的成長を目指す。

■ 新棟概要

所在地:宮城県黒川郡大和町テクノヒルズ1番(本社工場内)
建築面積:11,700㎡
延床面積:11,700㎡
構造:鉄骨造 地上1階
着工:2017年11月
竣工予定:2018年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ