クラレ、ポーランドで水溶性ポバールフィルムの増産/50億円投資

2020年2月14日

 クラレは13日、ポーランドに新工場を建設し、水溶性ポバールフィルムを増産すると発表した。

 水溶性ポバールフィルムは、洗剤、化粧品、食品、農薬、薬剤などの個包装用フィルムとして、世界的に需要が伸長しており、今後も市場の拡大が見込まれている。

 水溶性ポバールフィルムを製造販売する、米国子会社モノソルは、米国中西部を中心に生産拠点を有しているが、今回ポーランドに生産拠点を新設し、グローバルサプライチェーンの最適化とともに欧州における販売の拡大を図る。

■ 新工場概要

会社名:MonoSol, LLC
所在地:Zimna Wodka, Poland
投資額:約50億円
事業内容:水溶性ポバールフィルムの製造
稼働開始予定:2022年央

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ