小松原、コスモパーク加太に新工場

2020年4月6日

 洗浄設備機械など製造する小松原(和歌山県和歌山市)は、和歌山市加太のコスモパーク加太に新工場を建設する。3月31日、和歌山市役所にて立地協定式が行われた。

 今回、特注部品・装置の引き合いが増えていることから生産規模の向上を図るため、工場の増設を決定した。

 同社は1948年の創業。FV洗浄機をはじめとする洗浄設備機械、ゴム連続加硫設備をはじめとするゴム設備機械、フィルム等の熱処理器を主体としたOEM設備機械を製造している。従業員数は34名(正社員33名、非正社員1名)。売上高は7億7,300万円(2019年8月期)。主要取引先はクラレ、豊田合成、パナソニック、台元紡織股份有限公司、ヒラノテクシード、ヒラノK&Eなど。

■ 新工場概要

所在地:和歌山県和歌山市加太2362-44,45,46
敷地面積:12,502㎡
延床面積:2,734㎡
雇用予定:正社員14名(操業後3年)
操業開始予定:2022年5月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ