豊田合成、メキシコの新工場が稼働開始

2021年5月21日

 豊田合成は17日、メキシコ・モンテレイ市の新工場が今年3月に稼働を開始したと発表した。

 同社は、中期経営計画(2025事業計画)でエアバッグを中心とするセーフティシステム製品を、今後の事業成長を牽引する重点領域に据え、日系カーメーカーをはじめとする顧客への販売拡大に注力している。

 バッグはコスト競争力を高めるためメキシコやベトナムなどで集中的に生産しており、今回のメキシコ新工場の稼働により、年間の生産能力を約800万個増加させる。

 グローバルでのエアバッグの生産能力は、2018年度から23年度の5年間で約1.6倍となる約1億個に拡大する計画。

■ 新工場概要

名称:タペックスメキシカーナ(株)モンテレイ工場
所在地:メキシコ・モンテレイ市
生産品目:バッグ
土地面積:約25,000㎡
建屋面積:約14,000㎡
従業員数:101名(2021年3月末)
稼働開始:2021年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ