瀬戸埠頭、日清製粉向けサイロ増設

2021年11月2日

 瀬戸埠頭は10月28日、日清製粉向けサイロの増設を行うと発表した。

 同社は水島港で、先進設備とノウハウを駆使し、船内荷役・沿岸荷役を一貫して行う体制により、貨物の受け渡しを行っている。

 10月28日に発表された日清製粉による新工場建設予定を受け、新工場向け小麦の本船揚げ荷役、サイロでの保管、連結コンベアによる搬出を担い、円滑な原料供給体制を構築するため、収容力約27,000トンのサイロの増設(既存サイロ収容力約110,000トン)を計画している。

■ 設備投資概要

所在地:岡山県倉敷市児島塩生
収容力:約27,000トン

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ