雪印メグミルク、豊橋工場で40億円の設備投資

2018年11月28日

 雪印メグミルク(東京都新宿区)は27日、豊橋工場で40億円を投じて既存棟屋を拡張し、同時に名古屋工場の生産を終了すると発表した。

 今回、豊橋工場の製造棟屋を一部拡張し、既存の空スペースも活用することで名古屋工場の牛乳・乳飲料の生産機能を集約する。

 生産を終了する名古屋工場については当面、同社チルド商品等の配送拠点として利用する計画。

■ 設備投資概要

所在地:愛知県豊川市伊奈町南山新田350-79(豊橋工場)
投資額:約40億円
設備投資の内容:既存棟屋の拡張と中部地区の生産機能の集約
着工予定:2019年3月
稼働開始予定:2020年4月

◇ 名古屋工場概要
所在地:愛知県名古屋市守山区幸心3-1601
敷地面積:23,224㎡
操業開始年次:1958年
従業員数:64名(2018年10月1日)
主な生産品目:牛乳、乳飲料
生産終了予定:2020年3月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ