三菱電機、鎌倉製作所「新衛星生産棟」が完成

2020年2月19日

 三菱電機は18日、鎌倉製作所内に建設を進めていた新棟が竣工したと発表した。

 今回、人工衛星の並行生産能力を10機から18機に増強することで、今後伸びが見込まれる国内の官需衛星と国内外の商用通信衛星の需要に対応し、宇宙システム事業の規模拡大を目指す。

 新棟は、大型スペースチェンバーや大型振動試験機などを設置し、人工衛星の組立から試験まで一貫生産可能な工場とする。

 また、「e-F@ctory コンセプト」の導入により受注から組立・出荷までの生産情報を一元化し、生産性・品質の改善サイクルを高速化することで、納期の短縮と高品質・高効率な生産を実現する。

 さらに、ヒートポンプ式空調システム、LED照明、スーパー高効率変圧器など最新の同社製省エネ機器を導入して消費エネルギーを削減する。

■ 新棟概要

所在地:神奈川県鎌倉市上町屋325番地(鎌倉製作所)
投資額:約110億円
建築面積:約6,700㎡
延床面積:約13,300㎡
構造:鉄骨造4階建
主な生産品目:人工衛星システム(観測衛星、通信衛星、測位衛星 他)、人工衛星搭載機器
並行生産能力:人工衛星18機(既存設備との合計)
主な導入設備:大型スペースチェンバー、大型振動試験機、電波試験設備 他
環境・省エネ対策:ヒートポンプ式空調システム、LED照明(約1,300台)、スーパー高効率変圧器(3.3kV/420V/200V/100V)
竣工:2020年2月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ