明治、中国に新工場/牛乳・ヨーグルトの増産

2020年7月20日

 明治ホールディングスは16日、中国・広州市に新会社「明治食品(広州)有限公司」を設立し、新工場を建設すると発表した。

 同社の中国事業は現在、牛乳・ヨーグルト事業、アイスクリーム事業、菓子事業を展開しており、業績は順調に拡大している。また、今年度より新たに栄養事業の展開を予定している。牛乳・ヨーグルト事業については、チルド牛乳のおいしさに対する評価や安全・安心へのニーズの高まりを背景にした市場の拡大、中国国内における健康志向の高まりにより成長を続けている。菓子事業については、meijiブランドの認知拡大やおいしさに対する評価を背景に成長を続けている。

 今回、広州市での新会社設立により、牛乳・ヨーグルト事業においては、既存の明治乳業(蘇州)有限公司と2022年度下期に稼働予定の明治乳業(天津)有限公司の3工場体制を構築し、これまで供給できなかった地域の顧客に、安全でおいしい牛乳・ヨーグルトを提供する。菓子事業も、中国国内の既存工場との連携により、商品開発・生産能力を向上させることで明治ホールディングス商品をより多くの顧客に提供する。

■ 新工場概要

会社名:明治食品(広州)有限公司(Meiji Food (Guangzhou) Co., Ltd.)
所在地:中国・広州市增城区增城経済技術開発区
用地面積:50,955㎡
事業内容:牛乳・ヨーグルト、菓子などの生産・販売
出資比率:明治(中国)投資有限公司 51%、株式会社 明治 49%
生産開始予定:2023年度

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ