オカモト、中国・湖北省に新工場

2021年3月22日

 オカモトは17日、自動車内装表皮材事業の強化のため、中国・湖北省に新工場を建設すると発表した。

 自動車業界における市場は欧米からアジアに拡大してきており、中国国内には自動車メーカーや部品メーカーの多くが生産拠点を開設している。

 内装材を含めた各部材の現地調達の動きが進められている状況に加え、中国を含めた各自動車メーカーによる「世界戦略車」としての規格統一の動きに対し、中国国内だけでなく、グローバルでの市場競争力を強化するため、日本(静岡県)と米国(オハイオ州)の生産拠点に加えて、中国国内に生産拠点の新設を決定した。

■ 新工場概要

会社名:武漢岡本汽車内飾新材料有限公司 OKAMOTOMANUFACTURINGWUHANCO.,LTD.
所在地:中国・湖北省武漢市蔡甸区
敷地面積:約16,500㎡(約5,000坪)
生産品目:自動車内装表皮材
登録資本金:600万米ドル(約6.5億円)
着工予定:2021年5月
竣工予定:2021年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ