極東開発工業、横浜工場の新ラインが完成

2021年9月21日

 極東開発工業は16日、横浜工場(神奈川県大和市)で中型リヤダンプトラックボデーの自動化ラインが完成したと発表した。

 新ラインは、横浜工場における主力製品の一つである中型リヤダンプトラックボデーの生産ラインを刷新したもので、自動溶接ロボットの増設をはじめ効率化を徹底的に追求したことにより、従来のラインと比較して約43%生産性を向上させた。

 設備投資に伴う投資額は約12億円。今回、2021年4月からのトライアル生産を経て当初想定の効果が確認されたため、本稼働を行う。

 また、特装車は、一品一様でのオーダーメイドによる製作が多いことや、大型~小型までサイズも多岐に亘るため生産の自動化が難しい製品だが、今回の中型リヤダンプトラックボデーの自動化を皮切りに、他工程においても自動化を推進していく方針。

■ 設備投資概要

所在地:神奈川県大和市深見西4丁目1-62(横浜工場)
投資額:約12億円
目的:中型リヤダンプトラックボデーの生産自動化による生産体制の効率化
   :将来を見据えた中型リヤダンプトラックボデーの生産自動化及び無人運搬機による部品自動供給による効率化・省人化
ボデーライン全長:66m
ロボット台数:26台
物流システム:立体自動倉庫設置 ・ フォーク型無人運搬機による部品配膳

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ