宇部興産、第五医薬品工場が本稼働

2021年9月28日

 宇部興産は27日、山口県宇部市の宇部ケミカル工場敷地内に建設した第五医薬品工場で、少量・高薬理活性原薬の製造設備を本稼働させたと発表した。

 第五医薬品工場は少量・高薬理活性の原薬製造に特化しており、2021年5月に完成後、試運転などを行ってきた。9月末より、高薬理活性原薬の本格生産を行う。

 近年、医薬品市場において、オンコロジー領域での治療の個別化、オーファンドラッグの需要の高まりなどを受け、アンメットメディカルニーズ向けの医薬品の開発が活発化している。

 また、抗体薬物複合体(ADC)の開発など医薬品の多様化が進んでおり、薬理活性の強い少量原薬の需要が高まっている。

 宇部興産はこれまで、既設の第四医薬品工場や治験薬工場で高薬理活性原薬を製造受託してきたが、新設した第五医薬品工場により、より薬理活性の強い少量・高薬理活性原薬の製造が可能となる。

 今回の生産体制の強化により、より幅広いニーズに対し、開発から商用生産まで一貫して対応する。

■ 新工場概要

所在地:山口県宇部市大字小串1978-10(宇部ケミカル工場)
延床面積:860㎡
構造:鉄骨造 地上1階
主要設備:主反応槽300L×2基、ろ過乾燥機1基、粉砕機1基、キロラボ20L製造設備1式、
クラス100,000クリーンルーム(反応/ろ過乾燥、粉砕、キロラボ)計3ユニット
管理レベル:OEL>0.1µg/m3(陰圧制御1次、2次封じ込め)、GMP対応
完成:2021年5月
稼働開始:2021年9月末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ