マキタ運輸、宮崎県都城市に新倉庫

2022年1月11日

 貨物自動車運送事業、倉庫業のマキタ運輸(宮崎県都城市)は、都城市都北町に新倉庫を建設する。

 今回、冷凍・冷蔵設備を備えた物流センターの隣接地に、新たに配車センターと常温倉庫を建設し、集荷・積込業務の集約化やさらなるサービスの高付加価値化、労働生産性の向上を図ることで、持続可能な物流体制を構築する。

■ 新倉庫概要

事業所名:マキタ運輸配車センター・常温倉庫
所在地:宮崎県都城市都北町4895番地ほか
設備投資額:2億円
敷地面積:8,486㎡
延床面積:1,036㎡
新規雇用予定:10名(操業後5年)
事業内容:一般貨物自動車運送事業、一般倉庫業
売上計画:2026年12月期 約81.8億円
着工予定:2021年12月
完成予定:2022年6月
操業予定:2022年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ