扇島都市ガス供給、川崎市扇島に都市ガス製造の熱量調整設備を建設

2017年10月3日

 東京電力フュエル&パワー(以下:東電FP)はこのほど、JXTGエネルギーと大阪ガスの3社で都市ガスの製造や供給を行う扇島都市ガス供給(株)を設立し、熱量調整設備を建設すると発表した。

 新会社は、東電FPの東扇島LNG基地に隣接する同社所有地で、都市ガスを製造するための熱量調整設備を建設し、2020年4月から主に東電FPの品川火力発電所へ、託送により都市ガス供給を開始する。

 事業運営においては、東電FPが天然ガス供給、JXTGが熱量調整するためのLPG供給、大阪ガスが設備建設のエンジニアリングなどを行う予定。

■ 施設概要

会社名:扇島都市ガス供給(株)
新会社出資比率:東電FP69%、JXTG16%、大坂ガス15%
所在地:神奈川県川崎市川崎区扇島
事業内容:都市ガスの製造・供給・託送
熱量調整方式:液ガス式熱量調整(気化された天然ガスに液体のLPGを混入)
製造能力:270t/h
原料:天然ガス(東電FPが供給)、LPG(JXTGが供給)
商業運転開始予定:2020年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
記事検索
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ