横浜ゴム、インドでオフハイウェイタイヤの生産能力増強

2018年1月16日

 横浜ゴム(東京都港区)は15日、オフハイウェイタイヤの生産能力を増強するため、インドでタイヤを製造販売するATC Tires Pvt. Ltd.(ATCタイヤ社)ダヘジ工場の拡張工事を開始すると発表した。

 投資額は4,550万米ドル(約51億円)。ダヘジ工場の生産能力を2019年末までに従来の年産57,000トンから91,700トンに引き上げる。

 今回、ATGのタイヤ販売が好調であり、中期的に不足すると見込まれることから、生産能力の増強を図る。拡張工事は2018年2月の開始を予定している。

 ATCタイヤ社はダヘジ工場(グジャラート州)とティルネルヴェリ工場(タミル・ナドゥ州)を保有する。ダヘジ工場は2015年3月に操業を開始し、ATGの主力ブランドであるアライアンス(ALLIANCE)、ギャラクシー(GALAXY)、プライメクス(PRIMEX)ブランドの農業機械用タイヤ、建設車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、林業機械用タイヤなどを生産している。

■ 設備投資概要

会社名:ATC Tires Pvt. Ltd.
所在地:インド・グジャラート州 ダヘジ工業団地
投資額:4,550万米ドル(約51億円)
生産品目:オフハイウェイタイヤ(農業機械用タイヤ、建設車両用タイヤ、産業車両用タイヤ、林業機械用タイヤなど)
生産能力:57,000トン/年→91,700トン/年
工事開始:2018年2月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ