サンコー、徳島県阿波市に新工場/本社移転

2019年6月18日

 レンゴーは17日、連結子会社で段ボールシート、ケースの製造を行うサンコー(徳島県徳島市)が新工場を建設し本社を移転すると発表した。

 サンコーでは、生産能力拡大を目的としてリニューアルを検討していたが、現工場は敷地が狭いことや周辺の住宅地化が進んでいることから、レンゴーの所有する代替地に新たに工場を建設し移転することとした。

 新工場は、2021年4月の完成を目指し、現工場は、新工場稼働後、生産を停止する。その後の用途は未定となっている。

 新工場移転によって、より迅速なユーザーニーズへの対応と品質向上を図るとともに、レンゴー直営工場を含む近隣のグループ会社間の連携を強化し、四国地区におけるグループ段ボール事業のさらなる拡充を図る。

■ 新工場概要

所在地:徳島県阿波市阿波町西長峰2-13 西長峰工業団地
敷地面積:31,170㎡
事業内容:段ボールシート、ケースの製造・販売
完成予定:2021年4月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ