IHI、米・イリノイ州でターボチャージャの増産

2020年1月29日

 IHIは28日、米国生産拠点であるIHI Turbo America Co.(以下:ITA)が工場を拡張したと発表した。

 北米市場では近年、ガソリン車用エンジンのダウンサイジングを目的としたターボチャージャの需要が増加しており、2020年には500万台を超える見込み。

 ITAでも、この需要の伸びを背景に、2016年度からガソリンエンジン向けターボチャージャの量産を開始し、生産台数を伸ばしている。

 今回の工場拡張は、ITAが北米市場における複数の大型プロジェクトに対応するためのもので、2020年以降の量産開始に向けて、隣接地を購入し建屋増築と組立等のための設備導入を行っている。工場拡張により、ITAの生産能力は2018年度の約20万台から2021年度には約150万台を計画している。

 IHIでは、北米市場における受注強化に向けて2017年11月にはデトロイトに営業・開発拠点を開設しており、北米自動車メーカーへの営業強化や、IHI欧州拠点との連携により北米における欧州メーカーへの営業についても更なる強化を図り、北米での車両過給機事業を中国に続く事業の柱に育てていく計画。

■ 増設概要

会社名:IHI Turbo America Co.
所在地:米国・イリノイ州1598 IL-16, Shelbyville, IL 62565
敷地面積:約59,700㎡(増強前:43,000㎡)
延床面積:約34,200㎡(増強前:11,600㎡)
生産能力:150万台/年
従業員:150名(2019年10月)
事業内容:車両過給機の設計、製造販売

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ