愛知製鋼、岐阜工場でリードフレーム第2ライン竣工

2020年5月7日

 愛知製鋼は4月30日、岐阜県各務原市の岐阜工場で建設を進めていたパワーカード用リードフレームの第2ラインを竣工したと発表した。

 HVやEVなど、電気を動力とする車には、モータの電力制御などを行うパワーカード(パワー半導体が複数セットされたカード型のパワーモジュール。車1台に複数枚が使われている)が搭載されており、リードフレームはパワーカードを構成する必要不可欠な放熱部品。

 今回竣工した第2ラインは、生産性を2割向上させた一貫自動ラインで、更なる需要の増加を見据え、形状の多様化や量の変化に柔軟に対応しながら、多品種の製品を高品質かつタイムリーに生産できるライン設計となっている。

 今回の設備投資により、岐阜工場の生産能力は2018年に設置した生産ラインと合わせて2倍となり、知多工場を含めた同社全体のリードフレームの生産能力は2017年比で約3倍となる。

■ 設備投資概要

所在地:岐阜県各務原市鵜沼大伊木町3丁目36番地(岐阜工場内)
投資額:約15億円
生産品目:パワーカード用リードフレーム
生産能力:180万個/月(車輌6万台/月分)、岐阜工場全体で360万個/月(車輌12万台/月分)
竣工:2020年4月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ