高山産業、霧島市の工場増設/電子部品の増産

2021年2月22日

 電子部品を製造する高山産業(鹿児島県姶良市)は、鹿児島県霧島市の、まきぞの工場を増設する。

 今回、スマートフォンなどの通信機器や車載部品の増産計画に伴い、増設を決定。将来的な事業拡大を目指す。

 投資額は約1億円。新規雇用予定は20名。生産計画は初年度4億円。2021年5月の着工、同年7月の操業開始を予定している。

 同社は1976年創業。2017年にスマートフォンの普及による電子部品の需要の高まりから、大くす工場(姶良市蒲生町)を、2019年に5Gや車載向け部品の受注増加に対応するため霧島工場(霧島市国分広瀬)を増設するなど、事業規模の拡大と効率的な生産体制構築を図っている。

■ 工場増設概要

工場名:(株)高山産業 まきぞの工場
所在地:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田2647番地(現霧島市牧園総合支所(2021年5月移転)跡地を活用)
投資額:約1億円
新規雇用予定:20名
事業内容:電子部品の製造
生産計画:4億円(初年度)
着工予定:2021年5月
操業予定:2021年7月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ