中部電力、袋井市に世界最大規模のレタス工場建設

2021年6月9日

 中部電力はこのほど、日本エスコンとスプレッドの3社共同で「合同会社TSUNAGU Community Farm」を設立し、世界最大規模のレタス生産工場を建設すると発表した。

 近年、食の「安心・安全」に対する消費者ニーズの高まりや、少子高齢化による農業従事者の減少、異常気象の頻発による不安定な食糧供給といった社会課題の解決に向け、栽培環境の管理・制御により安定的に農作物を生産できる植物工場への期待が高まっている。

 2021年7月を目途に新会社を設立し、2021年10月より、静岡県袋井市で世界最大規模となる1日10トンのレタスを生産できる完全人工光型の自動化植物工場「テクノファーム袋井」の建設を開始し、2024年1月からの生産開始を目指す。

 工場は、中部電力のエネルギー管理に関するノウハウ、日本エスコンの不動産開発力、スプレッドの栽培技術を融合し、植物工場の建設・運営を行うことで、効率的かつ安定的に、安心・安全なレタスの生産に取り組む。

■ 新工場概要

会社名:合同会社TSUNAGU Community Farm
設立予定:2021年7月
出資比率:中部電力51%、日本エスコン48%、スプレッド1%
工場名:テクノファーム袋井
所在地:静岡県袋井市(東名袋井IC付近)
工場タイプ:完全人工光型植物工場
敷地面積:約24,400㎡
生産品目:葉菜類(レタス)
生産能力:10トン/日
着工:2021年10月
生産開始予定:2024年1月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ