三菱ケミカル、ドイツでポリエステルフィルムの増産

2021年10月4日

 三菱ケミカルは1日、グループ会社のMitsubishi Polyester Film GmbH(以下:MFE)がポリエステルフィルムの生産能力増強を行うと発表した。

 投資額は約1.1億ユーロで、2024年末の完成予定。同社グループでは、2018年稼働の米国・サウスカロライナ州、建設中のインドネシア・ジャカルタ(2022年稼働予定)に続く増産投資となる。

 MFEは、工業用途やラベル用途などの高機能ポリエステルフィルムを顧客の要求に合わせてカスタマイズする技術開発力を強みとし、欧州市場で高いシェアを有している。

 近年、世界全体のポリエステルフィルムの市場成長率は5%程度で推移しており、需要増に対応するため同社グループ他拠点からの調達や既存設備の効率的な運用等で対応してきた。

 今回、今後も堅調な需要拡大が見込まれると判断し、高機能ポリエステルフィルムとしては世界最大規模となる年産27,000tの製造ライン建設を決定。

 新設する設備は、最新の省エネ設備の導入などにより、生産能力を拡大する一方で、工場全体としてのCO2排出量削減を目指す。また、顧客や消費者から回収した使用済みのポリエステルフィルムを原料として再利用することが可能な装置も導入することで、循環型経済(サーキュラーエコノミー)実現に向けた取り組みを加速させる。

■ 設備投資概要

会社名:Mitsubishi Polyester Film GmbH
所在地:Kasteler Strasse 45, Wiesbaden, Germany
投資額:約1.1億ユーロ(約142億円)
事業内容:高機能ポリエステルフィルムの製造
生産能力:27,000t/年
完成予定:2024年末

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ