鯖江村田製作所、64億円で研究開発棟建設

2022年1月11日

 村田製作所は7日、生産子会社の鯖江村田製作所が本社敷地内に研究開発棟を建設すると発表した。

 投資額は建物に64億円。建築面積は1,797㎡。延床面積は11,322㎡の鉄骨造 地上6階、地下1階。研究棟では、めっき技術の開発・立ち上げを行う。今年2月の着工、2023年8月の竣工を予定している。

 今回、電子部品の軽薄短小化などに対応しためっき技術の開発や量産化技術の立ち上げを目的として新棟の建設を決定した。

■ 新棟概要

所在地:福井県鯖江市御幸町1丁目2-82(鯖江村田製作所)
投資額:64億円(建物)
建築面積:1,797㎡
延床面積:11,322㎡
構造:鉄骨造 地上6階、地下1階
事業内容:めっき技術の開発・立ち上げ
着工予定:2022年2月
竣工予定:2023年8月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ