九州樹脂工業、鹿児島県薩摩川内市に新工場

2020年1月15日

 プラスチック成形材料を製造する九州樹脂工業(鹿児島県薩摩川内市)は、薩摩川内市久見崎町に工場を新設する。

 同社は、2019年7月に設立。廃プラスチックから高品質のペレットを製造する機械を中国の大手環境リサイクル機械メーカーと開発している。

 今回、プラスチック再生ペレットを製造するため、廃プラスチックの破砕・洗浄ラインとペレットの製造ラインを整備する。製造したペレットは海外の自動車メーカー、プラスチック加工メーカー、総合商社等に販売する。

■ 増設概要

工場名:九州樹脂工業(株)プラスチック再生ペレット製造工場
所在地:鹿児島県薩摩川内市久見崎町965番地2
投資額:約4.5億円
用地面積:3,916㎡
延床面積:723.64㎡
構造:鉄骨造平屋建
新規雇用予定:40名
事業内容:プラスチック原材料の製造
売上計画:12億円/年
着工:2019年12月
操業開始予定:2020年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ