農水フーヅ、下関市に中華饅頭の新工場

2021年1月25日

 食品製造業の農水フーヅ(山口県下関市)は、下関市彦島西山町の本社敷地内に新工場を建設する。

 投資額は5億円。新規雇用予定は5名。工場では、中華饅頭の企画・開発や製造を行う。2021年9月の操業開始を予定している。

 同社は1985年設立。餃子・焼売・ポリドリンク・スティックゼリー・ ピザ・中華饅頭の製造販売を行っている。従業員数は107名。

■ 新工場概要

所在地:山口県下関市彦島西山町二丁目1番24号
投資額:5億円
新規雇用予定:5名
事業内容:中華饅頭の企画・開発、製造
操業開始予定:2021年9月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ