スター精密、大連工場を拡張

2021年11月17日

 スター精密は11日、工作機械事業の海外製造子会社 斯大精密(大連)有限公司(以下:大連工場)の工場拡張を行うと発表した。

 大連工場は、海外生産拠点として1989年に中国・大連市に設立され、主に中国を中心とした東アジア市場向け製品の製造を行っている。現在、工作機械事業は、世界的に新型コロナウイルス感染症の沈静化に伴う市況の回復が顕著になっており、特に回復の早かった中国での受注は高い水準で推移している。

 これらの旺盛な受注に対応するため、大連工場の拡張と生産設備の増設により、生産能力を現状の25%増となる月産300台体制へ増強し、中国市場でのさらなる売上拡大を図る。

 新工場は、主として組立工程エリアとして使用し、あわせて既存工場(22,818㎡)のレイアウト変更により、加工工程エリアを拡大、加工設備を増設する。

■ 新工場概要

会社名:斯大精密(大連)有限公司
所在地:中国大連市経済技術開発区(現工場隣接地賃借工場棟)
投資額:約6.5億円
延床面積:5,266㎡(1階1,861㎡、中2階900㎡、2階2,077㎡、共用部分428㎡)
稼働予定:2022年2月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ