コベルコ建機、大垣事業所でミニショベル増産

2022年5月2日

 コベルコ建機は4月28日、ミニショベルの生産拠点である大垣事業所(岐阜県大垣市)の生産能力を増強すると発表した。

 世界の油圧ショベル需要は、新型コロナウイルスの感染拡大による落ち込みはあったものの、先進国では概ね安定的に推移しており、中国を除く新興国需要はエリアによる濃淡はあるものの、引き続き安定成長が見込まれている。

 同社でもエリア毎の販売網強化や市場ニーズに合わせた機種・仕様の拡充などを進めることで、今後も安定的に油圧ショベルの販売台数を伸ばしていく計画。

 同社は今年2月に、米国子会社であるKOBELCO CONSTRUCTION MACHINERY U.S.A. INC.の北米工場を(株)竹内製作所に約39.5億円で譲渡することを決定し、北米工場で生産していた油圧ショベルは広島事業所五日市工場での生産に全数移管する。

 これにより、五日市工場の生産負荷(生産能力10,500台/年)が高まることから、五日市工場との相互補完体制を構築する形で大垣工場の生産能力を増強し、柔軟かつ環境変化に強い製品供給体制を目指す。

 設備は、大垣事業所内に3,000台/年の能力の油圧ショベル組立ラインを新設する。これに合わせ、同事業所内の製缶能力増強も実施し、大垣事業所における生産能力を現状の8,500台/年から11,500台/年まで高める。

 新設する組立ラインは、五日市工場の生産メニューである7tクラスと大垣事業所の既存ラインで生産している5tクラスの2クラスの組立ラインとする。

■ 設備投資概要

所在地:岐阜県大垣市本今町1682番地7(大垣事業所)
投資額:約34億円
生産機種:1~5トンクラスのミニショベル(増強後は、加えて7トンクラス油圧ショベル)
主な出荷先:全世界
生産能力:ミニショベル:8,500台/年(現在)⇒ 増強後 11,500台/年(既存8,500台/年 + 5t・7t専用ライン:3,000台/年)
完成予定:2023年夏頃

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ