センコー、埼玉の加須PDセンターが稼働開始

2016年11月9日

 センコー(大阪市北区)は8日、埼玉県加須市で「加須PDセンター」を稼働させたと発表した。

 圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の桶川加納IC~白岡菖蒲ICが開通し、埼玉県北部エリアは首都圏各地へのアクセス、東日本、西日本をつなぐ各高速道路へのアクセスが良くなり、物流拠点のニーズが高まっている。

 同社は既に狭山PDセンター、西関東ロジスティクスセンターなど圏央道沿いに物流センターを開設しているが、今回開設した新センターも圏央道、東北自動車道のインターチェンジとのアクセスが良く、首都圏全域をカバーする物流拠点となる。

 新センターは延べ床面積約50,000㎡で、建物の両側には92台のトラックが接車できる高床式のトラックバースを設け、貨物の積み降ろしの効率を高めた。また、天井を高めに設計しており、様々な貨物を効率的に保管できる。さらに貨物の仕分けを行うソーターを設置し、作業の効率化を図る。

 新センターの屋根には発電能力2メガワットの太陽光発電装置を設置しており、売電事業を行う。今後、105,000㎡の敷地を利用して2棟目の物流センター建設も計画しており、首都圏北部エリアでの事業基盤の強化を進めていく。

■ 物流施設概要

名称:加須PDセンター
所在地:埼玉県加須市中ノ目7
敷地面積:104,900㎡
延床面積:48,200㎡
    :倉庫面積 41,000㎡
構造:鉄骨造 地上2階建て
設備:ソーター(自動仕分け装置)、貨物用エレベーター 2基、垂直搬送機7基、ドックレベラー 3基、 クライミングレベラー 2基、トラックバース(接車台数 92台)、太陽光発電装置
稼働開始:2016年11月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ