ビークルエナジージャパン、京都事業所にHV用電池の新棟

2020年4月13日

 ビークルエナジージャパンは7日、京都府乙訓郡の京都事業所でハイブリッド車(HV)用のリチウムイオン電池セルと電池モジュール・パックを製造する新棟を竣工したと発表した。

 京都事業所ではHV用電池の生産棟は2棟目となる。新棟ではHV車両で年間15万~20万台分の電池、モジュール・パックの生産を計画。茨城県ひたちなか市の佐和事業所の拠点も合わせてHV用電池の安定供給体制を構築する。

■ 新棟概要

所在地:京都府乙訓郡大山崎町大山崎小泉1番地(京都事業所)
延床面積:30,000㎡
構造:S造4階建て
事業内容:ハイブリッド車(HV)用のリチウムイオン電池セル、電池モジュール・パック
竣工:2020年4月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ