テラプローブ、九州事業所で半導体設備の増設

2022年1月25日

 半導体集積回路のテスト事業を行うテラプローブは21日、熊本県芦北町にある九州事業所の設備増設について、芦北町と立地協定を締結したと発表した。

 今回、車載向けを中心とするロジック製品の需要増などに対応し、さらなる事業基盤の強化を目的として設備投資を決定した。九州事業所では、今後も継続的な半導体設備の増設や従業員の増員を計画している。

■ 設備投資概要

所在地:熊本県葦北郡芦北町湯浦1580-1(九州事業所)
設備投資額:20億円
着工予定:2022年1月
計画完了予定:2024年12月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ