本田商店、島根・神原企業団地に新工場

2021年2月22日

 出雲そばやパスタを製造する本田商店(島根県雲南市)は、雲南市加茂町の神原企業団地に新工場を建設する。2月15日、島根県庁にて立地協定式が行われた。

 投資額は約6億円。敷地面積は約17,500㎡。建物面積は約1,250㎡。操業後3年間で14名を新規雇用する。2021年6月の操業開始を予定している。

 今回、取引先からの更なる受注獲得も期待できることから、主にパスタを製造する新工場を建設する。工場内は、製造ラインと出荷倉庫を設けることで、生産性や出荷管理の効率化を図る。

■ 新工場概要

所在地:島根県雲南市加茂町神原地内(神原企業団地)
投資額:約6億円
敷地面積:約17,500㎡
建物面積:約1,250㎡
新規雇用予定:14名
事業内容:生パスタの製造
操業開始予定:2021年6月

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ