富士通ゼネラル、タイの新工場が稼働

2019年10月3日

 富士通ゼネラルはこのほど、タイの空調機生産子会社FUJITSU GENERAL(THAILAND)CO.,LTD.(以下:FGT)が建設を進めていた新工場が、10月2日から稼働すると発表した。

 これに伴い、生産品目を第一工場で室外機、第二工場で室内機に分担するとともに、両工場でライン等の増設とIoT化を推進し、FGT全体の生産能力を2022年度で年間340万台(2018年度比で約1.9倍)へと増強する予定。投資総額は、両工場合わせて、2021年度までに約80億円を計画している。

 工場では、設備の稼働状況、組立ライン上の生産進捗、部品の在庫・搬送状況など様々な情報を即座に可視化・分析する「リアルタイムIoTシステム」を導入する。本社・工場管理部門における生産・出荷予測の精度を高めるとともに、生産現場の従業員の改善活動にも活用し、「生産性効率」「部品物流効率」「設備稼働率」の向上を図る。

 また、板金加工設備の金型切替え作業の自働化や、ジャストインタイム生産システムの仕組みづくりとして、電動台車(AGV)を活用した部品・製品の運搬指示システムを導入する。

 さらに、タイの生産能力を増強するとともに、タイと中国の各工場で生産する機種の見直し・最適化を図ることにより、各工場間の繁閑期のバラつきを最小化させて生産バランスの平準化を図り、よりフレキシブルな生産体制を構築する。

■ 新工場概要

名称:FUJITSU GENERAL (THAILAND) CO., LTD. FACTORY-2
所在地:タイ ・チョンブリ県レムチャバン
投資額:約80億円(第一工場の投資額も含む)
敷地面積:76,970㎡
延床面積:24,200㎡
事業内容:室内機の製造
稼働開始:2019年10月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連ニュース
最新ニュース
アクセスランキング
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
施設別検索
月間アーカイブ